「若ハゲ」なんと、罪な響きなんだろう…。僕は、若くしてこの若ハゲと言う言葉に、とても敏感になっていた。
僕の親父は、頭がハゲている…。それは、僕がもう物心がついた時だったから、結構若い時から、親父の頭はハゲあがっていた。
いわゆる、若ハゲというやつだ。
そして、最近僕は遺伝という言葉を知った。
遺伝とは、だいたい受け継がれていくものらしい…。
それを象徴するかのように、僕の額は、どんどん広くなっていくように感じた。
そして、髪の毛も抜け毛も凄い…。昔はこんなに抜けなかったのに、最近は不規則な生活も影響してか、どんどん抜けてきてしまうようになった…。
そしてついに、彼女に言われてしまった…。
「結構、後ろの髪の毛、薄くなってきてるね。」
僕は、真っ青になった…。
人から見ても、薄くなってきてるんだ…。これはもう、親父の呪われた遺伝からきているに違いない…そうとしか考えられない…。
そう思った僕は、このまま悩むのも嫌だったので、思い切って病院へ足を運んでみることにした。
足を運んでみると、AGAだと診断された。
AGAとは、男性型脱毛症らしい。
男性型脱毛症…通称AGAになってしまうと、どうあがいても髪は薄くなり続ける…医療薬などで治療することはできるらしいが、基本的に、それをしない限り、脱毛を防ぐのは難しいのだとか。
そこで、AGAに行った時の、先生に教えてもらったのが、育毛シャンプーだ。育毛シャンプーを利用する人によれば、発毛する人もいるらしい。
何もなかった頭皮から、髪が発毛する…なんという喜びだろうか。
僕は発毛のために、育毛シャンプーを探してみることにした。
僕がこのまま、ハゲ散らかさないためにできることは、脱毛を抑えること、そして発毛するしかもう手段は残されていないのだ。
育毛シャンプーに全願いを込めて、僕は震えながらシャンプーを探す旅に出た。

情報サイトへ

最新のAGA治療が受けられるクリニックが大阪にあるんです[大阪のAGAクリニック調査隊]